ふき取り

手洗いで洗車をする場合、洗車した後の水、ワックスをかけた後のワックスのふき取りがとても面倒です。
かといって、洗車したまま水が付いた状態で置いておくと、水滴が車に水垢としてこびちついたようになって、洗車した意味がなくなるほど汚く見えてしまうこともあります。そうした場合には、水分をきれいにふき取る用のタオルがありますので、それを使用することによって、車に付着した水分を綺麗になくすことができます。そのタオルは、水分を含んできても、軽く絞ってあげるだけで、すべての水分を放出することができ、また元通りのタオルとして使用することができます。このように、水分については、専用のタオルを使用することで、楽に車から水分を落とすことができます。

その後、ワックスをかけた場合には、ワックスが乾いた後、それをふき取るという作業が発生します。近年では洗車と同時にワックスもかけてしまう製品やふき取ることが不要なワックスが出回っており、それを使用した場合は、専用のタオルを使用すれば、1回で水分を落として、ワックスをかけた状態にすることができます。
普通のワックスの場合は、そういうわけにはいきませんから、ワックスが乾いた後、タオルでふきとっていく必要があります。そのコツとしては、ワックスが完全に乾いた状態になってから行うことが最適で、私用するタオルも完全に乾ききったものを使用することが最適です。

Comments are closed.