磨き傷の消し方

車を綺麗にする方法として洗車を行う人は多いですが、それに加えてもう一つ行うと車の状態は更に良くなります。
それは洗車をするとどうしても出来てしまう磨き傷の処理です。
傷があると塗装表面が乱反射した時に目立ち、光沢も低くなります、
逆に傷が少ないと光沢と反射が良くなり、綺麗に見えるようになるので傷の消し方を知っておくと、車を良好な状態に保つ事が出来ます。
消し方としては大まかに二通りあり、傷を埋める方法と傷を磨いて消す方法があります。
埋める方法を取る場合は、そういった商品が売っているので購入したり、単純にワックスをかけるだけでも埋める効果はあります。
磨く場合はポリッシャーをかけるのが一番綺麗にでき、プロが行う鏡面加工などはほとんどがこれで機械を使って研磨作業を行います。
ただ道具が必要となるので、一般的にはコンパウンド作業を行う事になります。
コンパウンドは傷を完全に消す事が出来ますが、塗装を削る事になるので注意して行います。
綺麗になったあとはコーティングをしっかりとかけるようにします。
綺麗な状態を保ち、こういった修復を出来るだけ少なくするには、傷にならないよう、優しく洗車をする事も重要です。
洗車機などは傷が多く出来るので、なるべる手洗いにした方が良いです。

Comments are closed.