細部のクリーニング

洗車をするときには外装ばかりに注目がいきがちになります。
実は洗車は内装からクリーニングをしていく方が効率的です。
これは、内部の汚れが外に出て外装を汚してしまうためです。
しかしながら内装の洗浄は細かい部分が多くてとても大変です。
そこで細部の洗浄におすすめなのがハンドクリーナーです。
まずはカーペットを外し、座席やインパネ部分から洗浄を初めます。内装の掃除のテクニックは上からの洗浄が基本です。
理由は上から掃除していくことでホコリは下へと移動するからです。
シートが綺麗に掃除出来たら、最後に床面に残った砂やホコリをハンドクリーナーで吸い取っていきます。
細部はハンドクリーナーにブラシを付けて根気よく吸い取っていきましょう。
そして、最後に洗浄したカーペットを基に戻して内装の洗浄は終了です。
次に問題なのがホイールの洗浄でしょう。
ホームセンターやカー用品店などにホイールのブレーキダストを化学薬品で分解するものが売られているので、それを使用すると洗浄がとても楽にできます。
まずはホイール全体を水でよく洗い流し、ブレーキダスト用の洗浄薬品を吹きかけます。
しばらくするとブレーキダストが溶け出すので、完全に溶けたら再度水で洗い流し、いらない軍手でホイールを掴みながら磨いて行きましょう。
そうすることで細部の汚れも綺麗に洗浄することができます。

Comments are closed.